読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 俺たち『〇〇するぞ』

  ふたつマルをつけてちょっぴり大人になるブログ

羽田空港で利用できるFreeWi-Fiの通信速度を検証したぞ!

f:id:lifesmile365:20170213220530p:plain



どうも、sakuです!


仕事の関係で出張が多いsakuですが、

先日、東京出張のついでに『羽田空港』で利用できる
FreeWi-Fiが快適に利用できるかどうか調べてきたぞ!


今後、日本国内でますますFreeWi-Fiが普及するであろうから
これから利用しようと思っている方は、ぜひ参考にして欲しい!



今まで、FreeWi-Fiはセキュリティ上の関係で
社用PCは利用してこなかったのだが
私用でノートPCを購入したため接続してみた。


結論から申し上げよう。



「羽田空港様!すごく快適に利用させていただきました!!



以下、調べたことを記述していこう。




ちょっと前知識!FreeWi-Fi接続の仕方について



羽田空港の公式サイトに記載されているので、これに習って接続してください。

1分もあれば、すぐに接続することが可能!



検 証


検証1:ネットサーフィンのサクサク具合



一番重要なことは、ネットサーフィンが快適に利用できるかということ。
繋がるは繋がるけど、めっちゃ遅いでは話にならないからねー。

私はGoogleChromを利用しているため、これで検証します。


アプリを起動したところ・・・・


「自宅の快適さと変わらない(サクサク)じゃないか


そう、全くストレスなく快適に利用できるのだ!!

テキトーによくお世話になってるブロガーさんのサイトに飛んでみたが、あっという間に表示される!
(なぜ自分のブログサイトに飛ばなかったのか全くもって不明。笑)

広告や画像がたくさんあって重そうなサイトでも、難なく表示してくれる。


さすが世界の窓口ですね!!


検証2:ファイルのダウンロード



数メガある音楽ファイルを15曲ほど連続してダウンロードしてみた。

1曲5秒程度あれば、完ペキにダウンロードしてくれる!

しかも、途切れることなく連続でね!


検証3:動画はどうなのよ?



ならば、YouTubeなど動画配信サイトはどうなのか。


動画は基本的にストリーミング配信になるため、
ダウンロードしながら映像が映し出されるシステムが一般的だろう。


なので、基準は1、動画が途中で止まるか2、どの解像度(画質)まで耐えれるのか
というポイントで調べてみた。


結論、、、




「全く問題ない!!




問答無用で、ストリーミングできた!


時間の関係もあり、フルHD画質(1080p)までしか調べることができなかったが、
途中で停止することなくダウンロードできた!

(ちなみに、5分程度の音楽PVをストリーミングしました。)


さすが、世界の窓口羽田さんだ!

検証4:スピードテストで測定した



最後は、スピードテストで測定し数字で確認した。
使用したサイトは、BNRスピードテスト

ちなみに、測定場所はJAL国内ターミナル第一ビルの6番搭乗口近辺。


1回目 25.78Mbps
2回目 25.32Mbps
3回目 25.30Mbps


平常で25Mbps以上でてる!!


この速度が、速いか遅いかについてよくわからない人もいるだろうから簡単にいうと、
上記で検証したことはもちろん、ネットで通信対戦とか余裕でできるレベル!


大体、平均15Mbpsぐらいあれば、
モンハンなどインターネット経由で協力プレイするには十分
と言われてます。


もちろん、使用する場所によって電波の強度が変わるので正確にはわからないけど
私は空港の端の方で調査してこれだから、全域で快適に利用できるかと思う。


まとめ

f:id:lifesmile365:20170131195203j:plain


恐れ入りましたよ、羽田空港様!!


これだけ自由に使えるのなら、いつも出発直前に空港向かっていたけど、
時間潰しがてら、余裕持って空港に行くことも選択肢に入ってくるではないだろか!


しかも、コンセントあるしね


f:id:lifesmile365:20170208143411j:plain




意外とコンセントを利用してるお客さんがいなかったから
いつでも使えそうなイメージ。
(時間帯もありそうだけどね。)


ちなみに、2017年2月1日から8月31日まで
JAL機内で時間無制限の無料Wi-Fi利用ができるサービスを開始している!

www.jal.co.jp


わくわくがとまりませんなぁぁ~!

次回出張する際は、利用してみたいと思う!
(もちろん、レビューするから任せといてください。)


では、Wi-Fiに繋ぎながら記事を読んでる人は「読者」ボタンをクリック!!