読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 俺たち『〇〇するぞ』

  ふたつマルをつけてちょっぴり大人になるブログ

今更聞けない!?コーヒーの種類あれやこれや

f:id:lifesmile365:20170225200122j:plain

 

 

 

期間限定って言葉に弱い。

 

どうも、さこっちゃんです。

 

 

コーヒー。

 

美味しいですよね。

 

僕もホッとしたい時なんかは挽いた豆からですが淹れて飲んだりしています。

ステンレスフィルターがエコ!便利!!とか思って使ってたんですが

どっちにしろ淹れたあとの豆を捨てて洗う作業があるので

大して労力変わんないんですよねぇ・・・

 

むしろペーパードリップならペーパーごと捨てれて楽ちん!って感じですし。

 

まぁコーヒーオイルが多く残ってリッチ感ある重めの味になるので

好きではあるんですけれども!

 

 

さて、そんなどんなお店に行っても飲めると言っても過言ではないような

 

コーヒー

 

ですが、色々種類があります。

 

カフェオレとカフェラテの違いは?

アメリカンって薄いやつでしょ? 

 

 

今日はそんな、今更誰かに聞くのも…となっちゃいそうな

コーヒーの種類についてです。

 

 

豆の産地や煎り具合による違いについては今回は置いておきます。

 

 

エスプレッソとドリップ

まず、コーヒーの抽出方法によって大きく2つにわけられます。

それがエスプレッソドリップです。

ここからカフェオレやカフェラテに派生していくわけですね。

 

エスプレッソ

エスプレッソは加圧式と呼ばれる抽出方法になります。

専用の機械による抽出が今ではほとんどですね。

直火式と呼ばれる淹れ方もあります。

家電量販店などでも、『エスプレッソマシン』としてよく見かけるんじゃ

ないでしょうか。

僕もほしいんですよねぇ…ラテアートとか作りたい(笑)

 

イタリアで生まれた飲み方で、極細に挽かれたコーヒー粉に圧力をかけた水蒸気で瞬間的に短時間で抽出します。

非常にコクや風味が強く、コーヒーのすべてをまさに凝縮!濃縮!!されたような味です。

主にヨーロッパでよく普及しており、ここにたっぷり砂糖を入れて飲まれています。

日本ではこのエスプレッソを元にミルクを加えてアレンジされた物の方が

メジャーですね。

 

30ccほどの量で、クレマと呼ばれるクリーム状の泡の層があり

美味しいエスプレッソの決め手になるとも言われます。

f:id:lifesmile365:20170225133723j:plain

ラテアートなんかでの茶色い部分がまさにこの部分ですね。

 

 

 

ドリップ

ドリップは透過式といわれる抽出方法です。

ドリップには様々な方法がありますが、基本的にはコーヒー粉をセットして上からお湯を注ぎ入れ、コーヒーの成分が含まれたお湯が重力により下に落ちる、という抽出方法です。

 

ペーパードリップ

ネルドリップ

ステンレスドリップ

サイフォン

フレンチプレス

エアロプレス

クレバーコーヒードリッパー

ウォータードリップ

 

など種類がたくさんありすぎて、全部紹介するとこれだけで記事が

埋まってしまいそうなほどです(笑)

ちなみに上に書いた中のエアロプレスなんかはエスプレッソとの中間

のような味わいになります。

 

コーヒーの種類

エスプレッソを使うもの、ドリップを使うものに分けて

ご紹介していきます。

 

と、その前にエスプレッソによく使われるミルクの種類の説明を簡単に。

 

フォームドミルク

蒸気によって泡立てられ、空気を含んだ細かい泡のミルク。

スチームドミルク

蒸気によって暖められたミルク。

 

エスプレッソを使うもの

カフェ・ラテ

イタリア語で「ミルク入りコーヒー」

エスプレッソにスチームドミルクを入れたもの。

一番上にフォームドミルクを軽くのせてあるものもありますね。

 

カプチーノ

カフェ・ラテと混同されやすいですが

エスプレッソとスチームミルク、フォームミルクの割合が

3:3:4

が基本になっています。

なのでカプチーノと言えばふわふわの泡!というイメージになるわけですね。

 

カフェ・モカ

エスプレッソにチョコレートシロップとスチームドミルクを加えた物。

カフェ・ラッテにチョコレートシロップが追加された物といった感じですね。

チョコレートシロップとミルクの代わりにココアが使われることもあります。

成分的にはほぼおなじですもんね。

 

カフェ・マキアート

エスプレッソに少量のフォームドミルクを注いで作られたもの。

マキアートはイタリア語で「染みのついた」と言う意味があります。

本来はスプーン1杯のミルクを落としたものを言いますが

カフェによっては割合が1:1であったりと結構ばらつきがあるようです。

 

カフェ・アメリカーノ

エスプレッソをお湯や水で割ることで飲みやすくしたもの。

 

ちなみに、「アメリカーノ」って名前がついていますが

アメリカでこの飲み方をする人はほとんどいないそうです。

 

日本で言う「ナポリタン」的な感じなのか・・・

 

ドリップを使うもの

ブレンド・コーヒー

種類というのか?という感じではありますが。

数あるコーヒーの豆の特徴を活かしながら配合して淹れたコーヒー。

その店独自のブレンドがあることが多いので

 

初めての店ならまずは店の名前がついたブレンドを試す。

 

のがそのお店のコンセプトなどがわかって良いですね。

 

アメリカン・コーヒー

浅煎りの豆を使って抽出したコーヒー。

軽くてスッキリとした味わいの物を指すことが多いです。

 

カフェ・アメリカーノとアメリカン・コーヒー

同じような名前が付いているので、混同されやすく

お店で「アメリカン」とだけ書かれている場合は確認してみた方がいいかもしれません。

 

むしろちょっとした丁半博打気分で挑むのも?

 

カフェ・オ・レ

フランス語で「ミルク入りコーヒー」

・・・あれ?カフェ・ラテと意味同じじゃね?

っていうことになりますね。

発祥の国が違うので意味は同じでも中身が微妙に違う

ということになってるわけですね~。

 

コーヒーと温めたミルク(スチームドミルクではなく)を

1:1

の割合で合わせたもの。

 

ウインナー・コーヒー

コーヒーにホイップクリームを乗せたもの。

ふわっとほわっとほんのり甘いホイップが優雅な気持ちにさせてくれますね。

カップに入れたホイップクリームに、熱いコーヒーを注ぎ入れるという

作り方もあるそうです。

すごい気になる!

 

フレーバー・コーヒー

北欧を中心としたヨーロッパが発祥で、コーヒーにシナモンやアイリッシュリキュール等の香り付けをしていたのが始まりだそうです。

1980年頃にアメリカでコーヒー豆に香りをつけて焙煎する方法が開発され、

コーヒーの楽しみ方の新たな定番として人気が出てきています。

 

焙煎する時に香りつけをする場合や、抽出したあとにシロップ等を追加して

楽しむなど色々種類があります。

 

 

まとめ

今更聞けないカフェラテやカフェオレの違い、わかりましたでしょうか。

 

家で楽しむ、お店で楽しむ。

 

コーヒーの味わえる場所はたくさんありますが

どんな場所で味わうにしても、美味しいものが飲みたいですよね。

 

本当に自分の好みにあった一杯に巡り合うにも

コーヒーの世界はとても広すぎて迷ってしまいます。

 

飲み方、豆の産地、焙煎の種類など

こだわり出したらきりがないようなコーヒーですが

 

貴方の一日を飾る一杯に出会える一助となったら幸いです。

 

 

ではでは。

 

さこっちゃんでした。

 

 

(っべぇ~最後かっけぇ~)

 

 

 

記事が面白いと思った方は読者になるを押してね☆