読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 俺たち『〇〇するぞ』

  ふたつマルをつけてちょっぴり大人になるブログ

姿勢が悪いのは「猫背」だけじゃない!「反り腰」も意識して姿勢美人に!

f:id:lifesmile365:20170312185134j:plain

姿勢の緩みはこころの緩み!!

 

どうも、さこっちゃんです。

 

 

皆さんは姿勢は良いでしょうか。

猫背になってしまっている人はいませんか?

立ち姿がきれいな人は、自信にも満ち溢れているように見えて

素敵ですよね。

 

「へへーん猫背は常に意識してるぜ!!」

 

という方もいるでしょう!

 

しかし、猫背を意識するとなりやすい反り腰という物は知っているでしょうか!

 

自分では姿勢よくしているつもりでも

実は腰や背骨に負担がかかっている上に

見栄えも悪くなってしまっている・・・なんてことにならないように

猫背と反り腰をよく知ってきれいな立ち姿を目指しましょー!!

 

 

 

 

第一印象は姿勢で決まる

f:id:lifesmile365:20170312195051j:plain

姿勢がきれいな人は、周りに好印象を与えます。

「自信に満ちている」「常識がありそう」「誠実そう」

こういう印象を相手に与えたいならば、是非とも姿勢を意識するべきです。

 

姿勢はその時の貴方の態度や気持ちを一番明確にあらわします。

良いことがあれば上を向いて胸を張っているんでしょうし

逆に元気がなければ背中は丸まり下を向きがちになるでしょう。

悪い姿勢を取っていると、相手にとって自信なさげにみえるだけでなく

スタイルが悪く映ってしまいます。

 

どうせなら良く思われて損はありませんよね。

 

猫背とは

f:id:lifesmile365:20170312193437j:plain

猫背とは医学的にいうと「背中が後方に丸く曲がり、首が前に出た状態。脊柱後湾症。円背(えんばい)」です。

引用元:歪みの原因「猫背」「反り腰」それとも・・・

 

猫背になってしまう原因は、普段の生活習慣が深く関わっています。

スマホをいじったり

一日中デスクワークをしていたり

視線が下を向きがちだったり

 

そういった行動が、徐々に猫背の姿勢を作り上げていってしまいます。

 

猫背のように背中がまるまった状態だと、呼吸も浅くなります。

頭が突き出たような形になるため、支えるために肩や背中の筋肉が酷使されます。

これが原因で血流にも影響やリンパの流れが悪くなってしまいます。

リンパの流れが悪くなると、代謝が落ち太りやすい身体になってしまうことも。

 

反り腰とは

f:id:lifesmile365:20170312195414j:plain

自分でも気付きやすい猫背と違って、知らず知らずのうちに

なってしまいがちなのが反り腰。

特にヒールを履く女性や、体幹が強くない人などがなりやすいです。

 

また、背筋を伸ばして猫背を改善しようと

良い姿勢と勘違いをして反り腰になってしまう人も多いです。

 

一言で言うと腰が正常の人と比べて反っている状態のことを言います。

反り腰になってしまうと、重心が後方に移動してしまい

身体を支えている前方と後方の筋肉のバランスが崩れてしまっている状態です。

 

自分が反り腰になっていないかをチェックする方法があります。

壁にピッタリと背中とお尻をつけた状態で腰の隙間に手の平が一枚

壁にも腰にも触れずに余裕で入ってしまうようなら、反り腰になっています。

他にも仰向けの状態が辛かったり、仰向けでいると腰が浮いてしまう人は

反り腰である可能性があります。

 

きれいな姿勢

f:id:lifesmile365:20170312200133j:plain

上の画像を見てもらうとわかる通り、反り腰は正面などから一見すると

いい姿勢に見えてしまいます。

ですが、お尻が突き出たような形になってしまっていますね。

腰に負担がかかっているため、腰痛にもなりやすいです。

 

それに比べると一番左の姿勢は、真ん中に一本の線が通ったように

スラッと無駄なく立てていますね。

ここで注意してほしいのは、背骨は最初からS字に曲がっているということ。

曲がっているのが猫背だ!まっすぐするんだ!!

と意識してしまうと胸を張りすぎて反り腰になりがちです(昔なりました)

 

しかし、自己流で姿勢を正そうとしても中々理想の形にはなりません。

それは自分の姿を全身360度から見ることができないからですね。

 

姿見の鏡を持っている人ならば、意識はしやすいかもしれませんが

もっていない人にとっては、自分の全身を正面から見る機会すら

あまりないんじゃないでしょうか。

 

「服屋さんの試着室で見るぐらいだわ!」

 

なんて人も多いかも?

 

姿勢は普段の生活のクセから出来上がっています。

ですから、最初に「キレイな姿勢」を一度作り上げてください。

それを意識して繰り返すことで少しずつ身体にクセ付けていきます。

歪んでしまっている姿勢のクセに上書きしちゃうわけですね。

 

きれいな姿勢の作り方

 

一番よく言われていて、簡単に実践できる方法があります。

 

頭の上から糸で引っ張られている感覚

 

これが一番効果的だと感じました。

首の真上のあたりを引っ張られているイメージですね。

 

他の注意点や意識の仕方としては

 

■アゴを引く

 アゴをひいた状態にすると、姿勢がリセットされます。

 下を向くのとは違うので気をつけて下さい。

 視線を落とさずに前をしっかりと見るのが下を向いてしまわないコツです。

 

■肩を前に出さない

 胸を張りすぎない程度に、肩を後ろに引きましょう。

 

■お尻を突き出さない

 反り腰の特徴でもあるお尻が飛び出た状態を防ぎます。

 お尻に力を入れてキュッ!とさせると引っ込みますよね。

 その状態を意識してください。

 

■骨盤を意識する

 お尻に力を入れることで骨盤も固定されます。

 猫背や反り腰は骨盤が傾いた状態になっているのでそれが戻ります。

 

 

意識することが大事です。

大きな鏡などを使って、確認することを忘れないようにしましょう。

自分の視界で確認するのには限度がありますからね。

 

家族や友人に見てもらうのも良いと思います。

身体の健康を保つだけでなく、人に対して見てもらうためでもありますしね。

 

 

まとめ

反り腰や猫背を改善してきれいな姿勢を作るためのお話をまとめました。

 

一朝一夕に姿勢がよくなることはありませんが

継続は力なり、です。

最初はきれいな姿勢の状態は結構つらいと思います。

今まで使っていなかった筋肉が使われることになったりしますからね。

でも、気づいたらきれいな姿勢を作るようにしていけば

その姿勢が自然になり、身体に馴染んでくれると思います。

 

ちなみに、僕も昔猫背でした。

そこから自分流で姿勢を変えて反り腰になって、更に姿勢を勉強しました。

今では結構周りからも「姿勢良いよな~」と言われます。

 

身体の使い方一つで相手からの印象が変わってしまう「姿勢」。

良くしない手はないですね!!

 

 

ではでは。

 

さこっちゃんでした。

 

記事が面白いと思った方は読者になるを押してね☆