読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 俺たち『〇〇するぞ』

  ふたつマルをつけてちょっぴり大人になるブログ

なぜ仕事で上司にLINEを使うと怒られるのか?

f:id:lifesmile365:20170314200104j:plain

 

 

どうも、sakuです。

 

スマホユーザにとって欠かせないアプリケーションツール『LINE』。

10代〜50代の割合では実に約9割の人が利用している。

 

友達通しのコミュニケーションやちょっとした連絡をしたりと、人々の生活の一部と化していることは間違いない。

 

そんな、超普及したLINEがプライベートとビジネスで混同してきていると話題にあがることがよくある。

職場の上司・先輩にLINEを使うのはあり?ビジネスマナーとしてどうなの?と賛否両論である。

 

本日は、ビジネスにおけるLINEの使い方について紐解いていこうと思う。

 

 

 

LINEの利用シーンと公私混同する理由

 

まずは、普段日常においてどのような場面でLINEを利用しているだろうか?

代表的な例をあげていきましょう。

また、なぜ混同するのか紐解きましょう。

 

プライベートでの利用

 

一つ目は、友達・彼女(彼氏)・家族とのちょっとしたやりとり。

これが一番多いだろう。

「今どこ?」「おはよう」「電話できる?」などと『端的』なやり取りを『素早く』伝えることができる。

あまり相手にストレスを与えることが少なく、また自分もすぐに送信できるのでお互いストレスがない。

 

二つ目は、グループを作って関係者にまとめて送るとき。

「明日、9時に〇〇集合で!」などと、サークルや部活のメンバーに、同じ内容を10人、20人にまとめて送りたいときに、一人一人に送るよりまとめて送る方が楽なので、いわば『報告』という使い方がある。

 

ビジネスでの利用

 

一方、ビジネスにおいてLINEを使うとき、以下のような理由で利用していると調査結果が出ている。

 

「素早く連絡を取ることができる」

「LINEが便利だと登録させられる」

「会社が導入している」

(引用元:マイナビ調べ)

 

少し抽象的な回答ではあるものの、

結果的に、便利という意味は、『素早く』・『端的』に連絡ができるためということになる。

日本の仕事人において一分一秒を大切にしている社会人は多いはず。

実利性があるため、プライベートの枠を超えて「ちょっと使ってみようか」という気になる。

 

 

公私混同する理由

 

上記で述べたように、『使いたいと思う』シーンで、プライベートとビジネスであまり変わらないということがわかる。

そのため、普段プライベートでLINEばかり使用していると、頭がLINE脳になってしまう。

「連絡する=LINE」が当たり前になってしまい、選択肢がなくなっているのではないだろうか。

故に、プライベートで使う一線をこえてしまい、ビジネスでもLINEを使ってしまうのではないだろうか?

 

 

なぜ、上司は怒るのか?

 

では、なぜビジネスであまり受け入れられないのか?

なぜ怒る上司が現れてしまうのか?

 

その理由は、簡単だ。

 

「仕事で馴染みがないから」である!!

 

本当にこれにかぎる!

今の上司にあたる方々は、そもそもケータイはほとんど「電話」するぐらいのツールとしてしか認識がない。

 

例えば、

「取引先にアポをとる」

「出先での報告」

「風邪を引き休暇をとる」

 

などと、「連絡をする=電話」なのだ。

 

これは上司が悪いということではなく、ここ数年で一気に普及したLINEをビジネスで活用するという考えがないだけなのである。

これは、ケータイどころかスマホで育った部下とのジェネレーションギャップ(摩擦)が発生しているため、急に部下からLINEで「今日は、休みます」と連絡がくると、「こいつ・・・」となってしまうのは仕方ないことである。

 

電話はビジネスにおいて欠かせないモノ。

LINEはビジネスおいて欠かせないモノではない。

 

この差がビジネスマナーにおいて、世代による考え方のレベルが違っているように思える。

 

 

上司・先輩がLINEを使うまで使うな!

 

これから、新社会人になる方や、働いている方で、悩んでいる人はこれを鉄則としてほしい。

 

「上司・先輩がLINEを使うまで使うな」です!!

 

すべての上司・先輩がLINEを使うことに否定的な人間ばかりでありません。

プライベートで使ってますからね、LINE。

利便性を知ってる人が多数です。

ただ、仕事で馴染みがないだけです。

 

なので、人によって受け取り方が異なるということを肝に銘じてほしい。

 

LINEを使っていい人には使う。

快く思ってない人には使わない。

 

その見極めはズバリ、「我先にLINEをしないこと」です!!

 

上司が仕事のちょっとした連絡などでLINEを使うかどうか、すこし伺ってからにしましょう。

すると、上司が使えば自分が使ったとしても怒ることはないだろう。

 

ただ、気を付けてほしいことは、

「今日、休みます」など、しっかり相手に伝えないといけないことは、たとえ上司がLINEを使ってるからといって、あなたもマネをしてはいけませんよ!

あくまでも、「ちょっとした連絡」だけにしてください。

(セキュリティの問題もあるしね!)

 

以上、ビジネスにおける上司とのLINEの使い方でした。

 

こんな記事もあるんでぜひ読んでみてください!!

www.oremaru.com

www.oremaru.com

 

 

この記事が、ちょっぴり面白いと思った方は読者登録お願いします☆